ブライダル
ホーム季節のギフトフローラルギフトブライダルトップショップ紹介グリーン事業
ブライダルアドバイス   ウェディングブーケ   ブライダルイベント   エターナルブーケ   ウェルカムボード   ブライダルグッズ   チェックシート__
 
ブライダルヒストリー
昔から結婚式には、いろんな言い伝えや伝説があります。
そんな、幸せになるための昔から伝わるお話や豆知識をご紹介します。
 

ブライダルヒストリー

                               
   
                               
   

昔ヨーロッパの青年がプロポーズの時に野に咲く花をつみ花束を作り、
思いを込めて花嫁となる女性にささげました。
これが「ウェディングブーケ」の始まりです。
女性は花束を受け取り、その受け取った花束の中の一輪を
愛を受け入れた証として男性の胸元に飾ったのが
ブートニアの始まりといわれています。

   
                               
 
 
                               
 
よく聞く言葉やアイテム
                 
                               
   
サムシングフォー  
  欧米には結婚式の当日、花嫁が4つのものを身につけ、コインを一枚靴にしのばせると幸せになれるとい
う言い伝えがあります。
   
  ブルーのもの…
  ブライドの純潔を象徴し、ブーケの中にそっと
ブルーの花をしのばせたり、 ブルーのくつしたど
めを使ったりします。

古いもの…
  経済的に安定した生活を意味し、おばあさんや
お母さんから宝石などを譲り受けて身につけると
いいでしょう。

新しいもの…
  新しい生活へ踏み出す第一歩。新しい人生へ
の第一歩として靴等を新調してみては・・・

借りたもの…
  幸せな生活にあやかれるようにと幸せな結婚
生活を送っている人からハンカチなどを借りる
といいでしょう。
   
                               
                               
   
ブライダルシャワー
  おふたりの結婚式が終わった後、参列者が花びらを新郎新婦に振りかけ、花の香りで悪魔から新郎・
新婦を守 ると信じられている「フラワーシャワー」、子孫繁栄を願う「ライスシャワー」、どちらもおふ
たりの末永い幸せを祈るという儀式です。みんなからの祝福のシャワーを浴びて幸せを実感する瞬間…。
ウェディングシーンを盛り上げるとっておきのアイテムです。 
   
 
   
                               
                               
   
 
  幸せをもたらす結び目
ボケー(ブーケ)に飾ったボー(リボンの事)のストリーマー
に(リボンの輪の部分ではなく)下に垂れている部分。
ちなみにリボンの輪の部分はループといいます)結び目を
つくって、小花をあしらう『おめでたい結び』です。
   
                               
                               
   
 
  カップルを式場からパーティー会場まで送る車、
あるいは新婚旅行に出かける車を「ブライダル
カー
」と呼びます。
車のフロントや後部を花や空き缶で賑やかに飾
りたて「ジャストマリッジ」と、道行く人もお祝いの
言葉をあびせます。
日本ではあまり見られませんが、海外ではよく
見かけます。
(よく映画やドラマにも出てきますよね☆)
   
                               
                               
   
 

結婚式は大事な記念日です。
その記念日を毎年思い出しながらお祝いしましょ
う。欧米では、結婚の記念日にちなんだ品ものを
夫婦で贈りあう習慣があります。1年目の紙婚式
から75年目のダイヤモンド婚式まで、呼び名は
国や地域でかわってきますが、共通しているの
は柔かいものから堅固なものへ、価値あるもの
へとレベルアップしていることです。これは、夫婦
の関係を意味しています。
近年では、銀婚式や金婚式などで、記念の旅行
をしたり、子供さんやお孫さんが、お祝いの会を
用意し、呼ばれることは多いと思いますが、お二
人で結婚記念日を祝う方は少ないかもしれませ
んね。

ブライダルキャンドルは、パーティーのあと新居
に持って帰り毎年記念日にキャンドルを灯して
祝います。結婚して毎年の記念日にキャンドル
の灯りのもとでお食事なんていかがですか。
ご結婚される皆さん、是非とも毎年ブライダルキ
ャンドルを灯してください!

   
                               
                               
   
ホープチェスト    
  希望のつづら」「希望の箱
日本でいう「つづら」や「木箱」が女の子のベッドの足元
に置いてあって、すでに小学校の頃から将来お嫁にいく
ときのためのものを、あれこれとその箱の中にしまって
おくというものです。
  刺繍やアップリケで飾った枕カバー、シーツ、ナプキン、台
所用布巾、赤ちゃん用の毛玉で編んだ靴下、未来の夫とな
る人のための靴下や手袋などなど。買ったものをためてお
くというのではなく、あくまでも自分の手でつくったものだけ
を少しずつ増やしてゆくという、堅実な生活の考え方がそ
こに現れています。
ホープチェストを早くから娘に持たせることによって、何か
を手作りすることができる女性に育てようという母親の願
いも背後にあったことでしょうし、娘も結婚に対して自然に
夢をふくらませていったのでしょう。
日本でも昔は、娘時代から使っていた裁縫箱を持ってお
嫁にゆく習慣がありました。それに加えてバスケットでも、
きれいなお菓子箱でもいい、自分なりのホープチェスト
を持って新しい人生を歩めば、楽しみ苦しみが年々詰ま
ってゆき、何年か後にはきっとかけがえのないものになる
ことでしょう。(タイムカプセルによく似ていますね)
是非試してみてはいかがでしょう??
     
   
   
                               
                               
 
 
                               
 
ウェディングドレスの始まり
                 
                               
   
ドレスの起源
  中世のロマネスク時代やゴシック時代、近世ルネッサンス時代に、歴史に残されている王族の結婚式や
戴冠式などセレモニー用の式服は、非常に豪華なものであったようです。その家の家系の豊かさや富を
誇示するために、それはそれは贅沢にデザインされ作られていたそうです。
その家の家系の歴史を表す紋章と家系の色合いを、金糸・銀糸を織り込んでデザインされた厚手の生地
のドレスに、色とりどりの宝石を縫いつけ装飾され、さらにアーミンなどの毛皮を縁取りに使い裏打ちした
マントを羽織り、先祖代々伝わる宝飾品を全身に身につけ、権威の象徴である宝石をちりばめた宝冠をか
ぶり、手には宝杖を持ったスタイルで式やパーティーに出向いていました。
近代になり、18世紀のフランスを中心としたロココ時代に、当時のファッショナブルカラーの1つとして「白」
が流行るようになりました。
ロココの女王と言われたフランス王太子妃「マリー・アントワネット」をはじめとする王族や貴族たちのあい
だで、誰もが競って豪華な白いドレスを身につけ毎晩のように舞踏会にでむいていたようです。
当時、一度でも着れば汚れてしまうことから、白い布地は贅沢品で、貴重で大変高価なものでした。しか
し、近年になって古代ローマの遺跡の発掘が行われ、 そこから古代の衣装が発見されたそうです。衣装
は年数がたっているためやはり色あせてはいましたがよく調べてみると、本来は純白だったと考えられて
いたのですが、本当は薄い黄色のようでした。
   
現在のドレス
  現在のようなウェディングドレススタイルになった始まりは、19世紀(1840年)に、英国の「ヴィクトリア女
王」と「アルバート公」との結婚式の際に、女王がシルクでできた真っ白なヴィクトリアンスタイルのウエディ
ングドレスを着たことが始まりになったようです。
女王のウェディングドレスの装飾は、古代のような宝飾品や宝石のようなものではなく、繁栄の印とされた
「オレンジの花」のみを飾りつけ、頭には宝冠の代わりに英国製のレースのベールを被り、手には宝杖の
代わりに小さな花束(コロニアルブーケ)のみを持っていました。純真で清純な若き英国王のウエディング
ファッションスタイルは、ヨーロッパはもちろんのこと、 諸外国にも広まり、憧れのウェディングスタイルとし
て広まりました。これが現在のウエディングドレス・スタイルの始まりと考えられているようです。
   
                               
                               
 
 
                               
 
結婚式のいろいろ
                 
                               
   
結婚式の種類
  式の種類には、キリスト教式、仏前式、神仏に誓いを立てる「神前式」と、参列者に誓いを立てる「人前式」
があります。
もともと日本では参列者の前で二人の宣誓を行う「人前式」が主流でした。キリスト教式などの「神前式」は
明治時代になって増えてきました。
最近ではまた「人前式」が増えているようです。

「人前式」は式の出席者全員の前で結婚を誓う式なので、神父や牧師がいない場合がほとんどです。そう
いった時には、人前式の進行を取り仕切っていただく「司会者」や「進行係」が必要となってきます。司会者
や担当のプランナーさんがしっかりと対応してくれますので、当日迄に、人前式の内容をしっかりと打ち合
わせをしておきましょう。
また、出席される方にも「人前式」で結婚することをよく解ってもらうため、案内状に簡単な人前式の内容
や、どうして人前式にしたのかを書き添えておくと出席者の皆さんにもお二人の気持ちがしっかり伝わり、
ふたりが思う「人前式」ができるのではないでしょうか。
   
結婚式の由来
  日本での古くからの結婚の意義は、かなり昔のことですので、その時代背景から知りえるのですが、昔の
「結婚」は、子孫繁栄と財産の譲渡を目的として行われていました。世界中でも同じような結婚の認識だっ
たようです。
その家の大事な娘を嫁がせるかわりに相手の財産をもらうという感じですね。
今でも、結納を行う際には、花婿の自宅で結納式が行われ、結納金が渡されますよね。また、当時の家庭
は父親の力が強く、娘は父親のものという習慣があったために、父親の手から花婿に渡されるようでした。
現在でも、結婚式で、花嫁の父親がバージンロードを花嫁と歩き、花婿に引き渡す演出があるのはこれに
由来しています。
   
                               
                               
       
                               
   
                               
                               

 

ページトップへ
Copyright(c) SATOH - HANAMISE CORPORATION. All right reserved. 2005-2007